FC2ブログ

ニックス、S・プレスティ氏を狙う?

 ニューヨーク・ニックスがサム・プレスティ氏(現オクラホマシティ・サンダーGM)獲得を狙うかもしれない。
 先日、ニックスはマサイ・ウジリ氏(トロント・ラプターズ、プレジデント)の獲得に動くのではないか、と報じられたばかり。

 プレスティ氏は2007年のオクラホマシティ・サンダーのGMに就任。このオフにはラッセル・ウェストブルックを放出し、チームを再建期へと移行させている。

 一方、現プレジデントのスティーヴ・ミルズ氏、GMのスコット・ペリー氏については、チームが改善を見せなければ、ジェイムス・ドラン オーナーから更迭される可能性も報じられている。

 NEW YORK DAILY NEWS、SNY.TV

ニックス、ウジリ氏獲得を狙う

 複数の情報筋の話として、ニューヨーク・ニックスがマサイ・ウジリ氏(現トロント・ラプターズ、プレジデント)獲得を狙っているという。
 ラプターズとウジリ氏は2021年まで契約を結んでおり、ニックスはラプターズの許可を得てウジリ氏と交渉し契約する必要がある。その場合、ラプターズに対してはドラフト指名権を提供する必要がある。
 ただ成功すれば、2021年にFAとなるヤニス・アデトクンポ(ミルウォーキー・バックス)獲得には大きなプラスに働く、とも伝えている。

 THE ATHLETIC

ニックス、HC解任か

 ニューヨーク・ニックスのプレジデント、スティーヴ・ミルズ氏がデイヴィッド・フィッツデイルHCを解任する方向で動き始めているという。
 ミルズ氏は現在のニックスのロスターは、イースタン・カンファレンスにおいては競争力があるはずで、現状(2勝8敗、リーグ最下位)は、フィッツデイル氏に責任があると考えているようだ。
 現状については、オーナーのジェイムス・ドラン氏も「失望している」と話している。
 契約上は4年2200万ドルの2年目を迎えている。

 ESPN

M・ロビンソン、脳震盪

 ニューヨーク・ニックスのミッチェル・ロビンソンが脳震盪と診断され、今後少なくとも2試合は欠場することがわかった。
 ロビンソンは11月6日のデトロイト・ピストンズ戦で脳震盪が疑われていた。

 SNY

M・ロビンソンが脳震盪の疑い

 ニューヨーク・ニックスのミッチェル・ロビンソンに脳震盪の疑いが持たれている。
 デトロイト・ピストンズ戦の前半、肘を頭部に受け途中退場したロビンソンはその後、ゲームには復帰していない。

 SNY

広告[NBAの試合DVD販売]

NBA DVD代行
NBA公式の試合DVDを販売しているところです。
欲しいゲームが手に入ります。これって、すごく熱いと思うのは管理人だけでしょうか。
15-16シーズンはもちろん、1970年代のゲームもあります!
管理人が今悩んでいるのは後者です。
NBA DVD代行

広告

最新トラックバック

プロフィール

asua

Author:asua
NBAの最新ニュースを週に6日ほど、更新させていただいております。
見ていって頂ければ、幸いです。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード