ニックス、ポルジンギスと信頼関係のあるACを解雇

 ニューヨーク・ニックスがACのジョシュ・ロングスタッフ氏と契約を更新しなかった。
 ロングスタッフ氏は、現在ニックスとの溝が報じられて久しいクリスタプス・ポルジンギスと良好な関係を築いていた。
 昨年夏にポルジンギスの母国ラトビアに、ロングスタッフ氏が出向いて練習に付き合い、この夏も欧州選手権期間中にポルジンギスがラトビア代表ACとしてロングスタッフ氏の帯同を求めた、とされている。

 ロングスタッフ氏自身は、ACとしてハードワークを厭わない、ニックスでは数少ない選手育成部門で手腕を発揮していたとされていた。

 NBA.com

ニックス、ACにプリジオーニ氏を検討

 ニューヨーク・ニックスがパブル・プリジオーニ氏をACとして起用することを検討していることが明らかになった。
 プリジオーニ氏は2012年から2014-15シーズン途中までニックスに所属していた。

 NBAでは270ゲームに出場し、3.5得点・2.8アシストを記録。今シーズンにスペインでプレーし、引退を表明している。

 WOWOW

P・ジャクソン氏、再びカーメロの他球団での成功を願う

 ニューヨーク・ニックスのプレジデントである、フィル・ジャクソン氏がカーメロ・アンソニーについて、トレード拒否権を履きし、優勝が狙えるチームへのトレードを受け入れるべきだとの考えを示した。
 ニックスはまだ優勝に遠く、年齢的にもチャンスが少なくなってきている、ともした。

 オフに入ってから、何度かテキストメッセージをアンソニーに送ったとしているが、話はしていないという。

 WOWOW

ポルジンギス獲得に向け、複数のチームが問い合わせ

 ニューヨーク・ニックスに対して、クリスタプス・ポルジンギス獲得に向けた連絡が、複数のチームからあったことが報じられた。
 交渉がどれほど進んでいるかについては、まだ明らかにされていない。

 ポルジンギスはチームの方針に不満を抱いているとされており、シーズン最後のチーム首脳との面談を欠席し、故郷ラトビアに帰ってしまっている。

 NBA.com

カーメロのクリッパーズ行きは、ローレンス・フランク氏次第?

 オフにニューヨーク・ニックスとロサンゼルス・クリッパーズとの間で、カーメロ・アンソニーのトレードが再び交渉されると見られている。
 トレードを実現させようとした場合、ニックスはJ.J.レディック(サイン&トレード)、オースティン・リヴァース、ウェズリー・ジョンソンらを獲得すると見られている。
 あるNBA役員は、
  ニックスがカーメロ・アンソニーと勝つことができなかった為、トレード自体はまず起こるだろう
  前述の3名については、ニックスの補強したい要望にそっているだろう
 と話している。

 クリッパーズ内で、ヴァイスプレジデントを務めるローレンス・フランク氏が、アンソニー獲得を支持しているとされている。

 NEW YORK POST

広告[NBAの試合DVD販売]

NBA DVD代行
NBA公式の試合DVDを販売しているところです。
欲しいゲームが手に入ります。これって、すごく熱いと思うのは管理人だけでしょうか。
15-16シーズンはもちろん、1970年代のゲームもあります!
管理人が今悩んでいるのは後者です。
NBA DVD代行

広告

最新トラックバック

プロフィール

asua

Author:asua
NBAの最新ニュースを週に6日ほど、更新させていただいております。
見ていって頂ければ、幸いです。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード