トンプソン、GSWでの引退を希望

 クレイ・トンプソンは2019年にFAとなるが、ゴールデンステイト・ウォリアーズ残留を希望している。
 「絶対に」
 と話すトンプソンは、
 「これまでもいつも言ってきたとおりだ。1つのチームでためだけにプレーするということは、そのキャリアは特別なものだ」
 「私の目標」
 と話している。
 FAについては、「まずウォリアーズの一員でいることが何より」だとしている。

 ボブ・マイヤーズGMは「彼は間違いなくここで自分の価値を示した」としてトンプソンの重要性については「言うまでもない」としている。

 SAN JOSE MERCURY NEWS

P・マカウが骨折

 ゴールデンステイト・ウォリアーズのパトリック・マカウが左手首を骨折した。
 4週間は戦線を離脱することになる見込み。
 2巡目指名のマカウだが、ここしばらくはマカウのプレータイムは減少傾向にあった。

 ESPN

カーHCが史上最速

 ゴールデンスティト・ウォーリアーズが10日のサンアントニオ・スパーズ戦に勝利し、スティーヴ・カーHCは史上最速での250勝をマークした。
 通算302試合目での記録で、これまでの346試合(フィル・ジャクソン氏)を大きく更新した。

 Sponichi Annex

グリーンに罰金

 ゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンが審判に対し、攻撃的で不適切な発言をしたとして5万ドルの罰金を科せられた。
 2月6日のオクラホマシティ・サンダー戦、第2Qでの発言についての罰金だという。

 RealGM

カリー、トレード拒否権について

 ブレイク・グリフィンはロサンゼルス・クリッパーズとトレード拒否権について交渉しておらず、契約初年度にトレードされた。
 ゴールデンスティト・ウォーリアーズのステフォン・カリーも同様にオフに新たな契約を結んだが、トレード拒否権は契約に含まれていない。
 トレード拒否権について尋ねられたカリーは
 「それはあるに越したことはないけど、そうはならなかった。自分にとっては特に残念だとは思わないね」
 と話している。

 NBAにおいては、ラブロン・ジェイムス(クリーブランド・キャバリアーズ)、カーメロ・アンソニー(オクラホマシティ・サンダー)、ダーク・ノヴィツキー(ダラス・マーベリックス)がトレード拒否権を持っている。

 THE ATHLETIC

広告[NBAの試合DVD販売]

NBA DVD代行
NBA公式の試合DVDを販売しているところです。
欲しいゲームが手に入ります。これって、すごく熱いと思うのは管理人だけでしょうか。
15-16シーズンはもちろん、1970年代のゲームもあります!
管理人が今悩んでいるのは後者です。
NBA DVD代行

広告

最新トラックバック

プロフィール

asua

Author:asua
NBAの最新ニュースを週に6日ほど、更新させていただいております。
見ていって頂ければ、幸いです。

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード