FC2ブログ

トンプソン、オールスター明けに復帰か

 ゴールデンステイト・ウォリアーズのクレイ・トンプソンは膝の手術後、わずか1ヶ月で松葉付をせず、足を引きずるようなこともなく、歩けるまでに回復している。
 「いい感じ」
 「110%で戻ってくるよ」
 とトンプソンが話している。
 シーズン中の復帰が「目標だ」とも話しており、更には「オールスター期間前に戻れるとは思わないが、シーズン中には戻りたい」としている。

 Los Angeles Times

グリーンの契約

 先日、ゴールデンステイト・ウォリアーズと契約延長を結んだ、ドレイモンド・グリーン。
 契約条件だが、4年1億ドルの条件だが、23-24シーズンがプレイヤーオプションであることがわかった。
 これまで契約を延長したステフィン・カリー、クレイ・トンプソンの契約にはプレイヤーオプションはついていない。
 更に、グリーンの契約には15%のトレードキッカー(トレードされればサラリーが上昇する契約)が含まれているという。

 The Athletic、Yahoo!sports

楽天、GSWとのスポンサー延長に関心

 楽天がゴールデンステイト・ウォリアーズとのジャージスポンサーについて延長に関心を持っている。
 両者は2017年に3年6000万ドルで契約を結んでいる。
 楽天は2シーズン目以降、アメリカのバスケットボールファンの間で、ブランド認知度が300%、急上昇している。

 JAPAN TIMES

ウォリアーズ、ロスター情報

 ゴールデンスティト・ウォーリアーズがデヴィン・マーブルがエクスハイビット10を含む契約を結んだ。
 マーブルは26歳のプレイヤーで、昨シーズンはイタリアでプレーし13.3得点を記録している。

 Sortando

D・グリーンが契約延長

 ゴールデンステイト・ウォリアーズとドレイモンド・グリーンが4年1億ドルの条件で契約延長に合意した。
 グリーンは2015年にウォリアーズから制限付きFAとなり、その際には5年8200万ドルで再契約を結んでいた。今回の契約延長がなければグリーンは、2020年オフにFAとなる予定だった。
 ウォリアーズはステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、ディアンジェロ・ラッセル、そしてグリーンの4名とルール上認められる上限での契約(マックス契約)を結んでおり、20-21シーズンにはこの4名だけで1億2900万ドル、21-22シーズンには同じく1億3800万ドルの契約となる。ただ、この主力4名とはその2022年までの3シーズン、契約があることも意味する。最初に契約が切れるのは、その2022年オフにカリー(その時34歳)がFAとなる予定。

 ESPN

広告[NBAの試合DVD販売]

NBA DVD代行
NBA公式の試合DVDを販売しているところです。
欲しいゲームが手に入ります。これって、すごく熱いと思うのは管理人だけでしょうか。
15-16シーズンはもちろん、1970年代のゲームもあります!
管理人が今悩んでいるのは後者です。
NBA DVD代行

広告

最新トラックバック

プロフィール

asua

Author:asua
NBAの最新ニュースを週に6日ほど、更新させていただいております。
見ていって頂ければ、幸いです。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード