マブス、ロスター情報

 ダラス・マーベリックスがドラフト外のルーキーとなる、ジョナサン・モトリーと“2ウェイ契約”を結んだ。
 新しい労使協定のもと、導入された2ウェイ契約とは、ロスターの16人目、17人目の選手をGリーグに抱えることができるというもの。サラリーは最低7万5000ドルが保証され、NBAチームに帯同した機関に応じ、最大27万5000ドルまで支払われる。

 モトリーは2巡目での指名が予想されていたが、春に受けた膝の手術の影響が心配されドラフトでは指名されなかった。

 WOWOW

ノヴィツキー、FAに

 ダラス・マーベリックスがダーク・ノヴィツキーに対して保持する17-18シーズンのチームオプション(2500万ドル)を行使せず、ノヴィツキーをFAとすることを選択した。
 この決定は、チームにFAと契約する柔軟性を与えることとなる。
 両者は2年契約を結ぶのではないか、とみられている。

 ESPN

マブス、オフの最優先事項はノエルとの再契約

 ダラス・マーベリックスはオフの最優先事項を、ニアレンス・ノエルとの再契約だとしている。
 トレード期限前、マブスはフィラデルフィア・76ersからノエルを獲得している。

 マブスはジュルー・ホリディ獲得にも関心を示しているが、サラリーキャップスペースの問題で実現は難しいかもしれない。

 また、マブスはヨギ・フェレルに対して保持するチームオプション(131万ドル)を行使し、契約を1年延長した。

 ESPN

ルビオ、マブスが獲得を検討

 ダラス・マーベリックスがリッキー・ルビオ(ミネソタ・ティンバーウルブズ)獲得について、チーム内部で議論を行っているようだ。
 ウルブズはここ1年以上、ルビオをトレードしようとしており、ルビオ側もクリス・ダンを重用するチームに対してFAとなった場合は袂を分かつ考えだという。
 ルビオは2019年までFAにはならない。

 マブスはFAのPGにも関心を示している。

 105.3 The Fan

バレアがプエルトリコで監督就任

 ダラス・マーベリックスのホセ・バレアが故郷、プエルトリコのインディオス・デ・マヤグエスの監督に任命された。
 バレアはリーグ最下位でシーズン途中に解雇されたボビー・ポラタ氏の後を受け、6月27日まで指揮をとる。監督デビューは6月1日。

 この展開は予想していなかったとしながらも、バレアは引退後にコーチになりたいとかねてから思っていたと話している。
 監督就任の前に、バレアはチーム、NBAから許可を得て、マブスのリック・カーライルHCはらはエールを送られたという。

 WOWOW

広告[NBAの試合DVD販売]

NBA DVD代行
NBA公式の試合DVDを販売しているところです。
欲しいゲームが手に入ります。これって、すごく熱いと思うのは管理人だけでしょうか。
15-16シーズンはもちろん、1970年代のゲームもあります!
管理人が今悩んでいるのは後者です。
NBA DVD代行

広告

最新トラックバック

プロフィール

asua

Author:asua
NBAの最新ニュースを週に6日ほど、更新させていただいております。
見ていって頂ければ、幸いです。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード