MVP候補は、ウェストブルック、ハーデン、レナードの3人

 NBAが2016-17シーズンのMVPファイナリストを発表した。
  ラッセル・ウェストブルック(オクラホマシティ・サンダー)
  ジェイムス・ハーデン(ヒューストン・ロケッツ)
  カワイ・レナード(サンアントニオ・スパーズ)

 他にも、ルーキー・オブ・ザ・イヤーなど以下の賞についてのファイナリストが発表された。
 6月22日のNBAアワード・ショーで各賞の受賞者が発表される。

 ルーキー・オブ・ザ・イヤー
  ダリオ・シャリッチ(フィラデルフィア・76ers)
  ジョエル・エンビード(フィラデルフィア・76ers)
  マルコム・ブログドン(ミルウォーキー・バックス)

 コーチ・オブ・ザ・イヤー
  グレッグ・ポポヴィッチHC(サンアントニオ・スパーズ)
  マイク・ダントーニHC(ヒューストン・ロケッツ)
  エリック・スポールストラHC(マイアミ・ヒート)

 シックスマン・オブ・ザ・イヤー
  エリック・ゴードン(ヒューストン・ロケッツ)
  ルー・ウィリアムス(ヒューストン・ロケッツ)
  アンドレ・イグダラ(ゴールデンスティト・ウォーリアーズ)

 ディフェンシヴ・オブ・ザ・イヤー
  カワイ・レナード(サンアントニオ・スパーズ)
  ドレイモンド・グリーン(ゴールデンスティト・ウォーリアーズ)
  ルディ・ゴベール(ユタ・ジャズ)

 MIP
  ヤニス・アデトクンボ(ミルウォーキー・バックス)
  ニコラ・ヨキッチ(デンバー・ナゲッツ)
  ルディ・ゴベール(ユタ・ジャズ)

 WOWOW

オールNBAチーム

 オールNBAチームが明らかになり、ファーストチームに、ヒューストン・ロケッツのジェイムス・ハーデン、クリーブランド・キャバリアーズのラブロン・ジェイムス、オクラホマシティ・サンダーのラッセル・ウェストブルック、ニューオリンズ・ペリカンズのアンソニー・デイヴィス、サンアントニオ・スパーズのカワイ・レナードが選出されたことがわかった。
 特にハーデンについては、満場一致の500点満点での選出。ポイントで続いたのはジェイムスの498点(1位票が99/100)。ジェイムスは史上最多タイとなる11回目のファーストチーム入りとなった。
 ウェストブルックは498点(1位票99/100)、レナードが490点(同96/100)、デイヴィスは343点(同45/100)。

 2ndチームは、ミルウォーキー・バックスのヤニス・アデトクンボ、ユタ・ジャズのルディ・ゴバート、ボストン・セルティックスのアイザイア・トーマス、ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフォン・カリー、同じくウォリアーズのケヴィン・デュラントが選出された。

 3rdチームは、シカゴ・ブルズのジミー・バトラー、ゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーン、トロント・ラプターズのデマー・デローザン、ワシントン・ウィザーズのジョン・ウォール、ロサンゼルス・クリッパーズのディアンドレ・ジョーダンが選出された。

 他、得票があったプレイヤーは以下の通り。()内は1位票。
  カール・アンソニー・タウンズ 50点(2)
  クリス・ポール 49点
  マーク・ガソル 48点(2)
  デマーカス・カズンズ 42点(2)
  ポール・ジョージ 40点
  ゴードン・ヘイワード 27点
  ハッサン・ホワイトサイド 18点
  カイリー・アーヴィング 14点
  クレイ・トンプソン 14点
  ニコラ・ヨキッチ 12点(1)
  ダミアン・リラード 12点
  ポール・ミルサップ 3点
  ラマーカス・オルドリッジ 1点
  ブレイク・グリフィン 1点
  アル・ホーフォード 1点

 RealGM

オールNBAチーム

 オールNBAチームが明らかになり、ファーストチームに、ヒューストン・ロケッツのジェイムス・ハーデン、クリーブランド・キャバリアーズのラブロン・ジェイムス、オクラホマシティ・サンダーのラッセル・ウェストブルック、ニューオリンズ・ペリカンズのアンソニー・デイヴィス、サンアントニオ・スパーズのカワイ・レナードが選出されたことがわかった。
 特にハーデンについては、満場一致の500点満点での選出。ポイントで続いたのはジェイムスの498点(1位票が99/100)。ジェイムスは史上最多タイとなる11回目のファーストチーム入りとなった。
 ウェストブルックは498点(1位票99/100)、レナードが490点(同96/100)、デイヴィスは343点(同45/100)。

 2ndチームは、ミルウォーキー・バックスのヤニス・アデトクンボ、ユタ・ジャズのルディ・ゴバート、ボストン・セルティックスのアイザイア・トーマス、ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフォン・カリー、同じくウォリアーズのケヴィン・デュラントが選出された。

 3rdチームは、シカゴ・ブルズのジミー・バトラー、ゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーン、トロント・ラプターズのデマー・デローザン、ワシントン・ウィザーズのジョン・ウォール、ロサンゼルス・クリッパーズのディアンドレ・ジョーダンが選出された。

 他、得票があったプレイヤーは以下の通り。()内は1位票。
  カール・アンソニー・タウンズ 50点(2)
  クリス・ポール 49点
  マーク・ガソル 48点(2)
  デマーカス・カズンズ 42点(2)
  ポール・ジョージ 40点
  ゴードン・ヘイワード 27点
  ハッサン・ホワイトサイド 18点
  カイリー・アーヴィング 14点
  クレイ・トンプソン 14点
  ニコラ・ヨキッチ 12点(1)
  ダミアン・リラード 12点
  ポール・ミルサップ 3点
  ラマーカス・オルドリッジ 1点
  ブレイク・グリフィン 1点
  アル・ホーフォード 1点

 RealGM

ドラフト1位指名権はセルティックス!

 NBAドラフトロッタリー2017(指名順位を決めるくじ引き)がニューヨーク・ヒルトン・ミッドタウンで行われ、1位指名権はボストン・セルティックスが獲得した。
 今回のロッタリーで決まったのは14位まで。以下は既に確定していたままとなっている。

 ドラフトは6月22日にバークレイズ・センターで行われる。

 指名順位は以下の通り。

 1巡目指名権
 1位 ボストン・セルティックス(ネッツから譲渡)
 2位 ロサンゼルス・レイカーズ
 3位 フィラデルフィア・76ers(キングスから譲渡)
 4位 フェニックス・サンズ
 5位 サクラメント・キングス(76ersから譲渡)
 6位 オーランド・マジック
 7位 ミネソタ・ティンバーウルブズ
 8位 ニューヨーク・ニックス
 9位 ダラス・マーベリックス
 10位 サクラメント・キングス(ペリカンズから譲渡)
 11位 シャーロット・ホーネッツ
 12位 デトロイト・ピストンズ
 13位 デンバー・ナゲッツ
 14位 マイアミ・ヒート 
 15位 ポートランド・トレイルブレイザーズ
 16位 シカゴ・ブルズ
 17位 ミルウォーキー・バックス
 18位 インディアナ・ペイサーズ
 19位 アトランタ・ホークス
 20位 ポートランド・トレイルブレイザーズ(グリズリーズからナゲッツ、キャブズを経由して譲渡)
 21位 オクラホマシティ・サンダー
 22位 ブルックリン・ネッツ(ウィザーズから譲渡)
 23位 トロント・ラプターズ(クリッパーズからバックスを経由して譲渡)
 24位 ユタ・ジャズ
 25位 オーランド・マジック(ラプターズから譲渡)
 26位 ポートランド・トレイルブレイザーズ(キャブズから譲渡)
 27位 ブルックリン・ネッツ(セルティックスから譲渡)
 28位 ロサンゼルス・レイカーズ(ロケッツから譲渡)
 29位 サンアントニオ・スパーズ
 30位 ユタ・ジャズ(ウォリアーズから譲渡) 

 2巡目指名順 
 31位 アトランタ・ホークス(ネッツから譲渡)
 32位 フェニックス・サンズ
 33位 オーランド・マジック(レイカーズから譲渡)
 34位 サクラメント・キングス(76ersからペリカンズを経由して譲渡)
 35位 オーランド・マジック
 36位 フィラデルフィア・76ers(ニックスからジャズとラプターズを経由して譲渡)
 37位 ボストン・セルティックス(ウルブズからサンズを経由して譲渡)
 38位 シカゴ・ブルズ(キングスからキャブズを経由して譲渡)
 39位 フィラデルフィア・76ers(マブスから譲渡)
 40位 ニューオーリンズ・ペリカンズ
 41位 シャーロット・ホーネッツ
 42位 ユタ・ジャズ(ピストンズから譲渡)
 43位 ヒューストン・ロケッツ(ナゲッツから譲渡)
 44位 ニューヨーク・ニックス(ブルズから譲渡)
 45位 ヒューストン・ロケッツ(ブレイザーズから譲渡)
 46位 フィラデルフィア・76ers(ヒートからホークスを経由して譲渡)
 47位 インディアナ・ペイサーズ
 48位 ミルウォーキー・バックス
 49位 デンバー・ナゲッツ(グリズリーズからサンダーを経由して譲渡)
 50位 フィラデルフィア・76ers(ホークスから譲渡)
 51位 デンバー・ナゲッツ(サンダーから譲渡)
 52位 ワシントン・ウィザーズ
 53位 ボストン・セルティックス(キャブズから譲渡)
 54位 フェニックス・サンズ(ラプターズから譲渡)
 55位 ユタ・ジャズ
 56位 ボストン・セルティックス(クリッパーズから譲渡)
 57位 ブルックリン・ネッツ(セルティックスから譲渡)
 58位 ニューヨーク・ニックス(ロケッツから譲渡)
 59位 サンアントニオ・スパーズ
 60位 アトランタ・ホークス(ウォリアーズから76ers、ジャズを経由して譲渡)

 また、指名については、セルティックスは指名権をビッグネームとのトレードに使わなかった場合、マーケル・フルツを指名するのではないかとされている。
 マブスは全体9位指名権を獲得したが、フランク・Ntilikinaを指名するかもしれない、と報じられている。
 2位指名権を得たロサンゼルス・レイカーズだが、ロンゾ・ボール側はレイカーズからの指名を希望している。ただ、レイカーズはフルツ、デアンロン・フォックス、ジョシュ・ジャクソン、ジェイソン・テータムにも関心を持っているとされている。

 NBA.COM、ESPN

2017NBAドラフト参加者が確定

 2017NBAドラフト参加者が確定した。

 チーム代表として参加
  ボストン・セルティックス   Wyc・グロウスベック氏(オーナー)
  シャーロット・ホーネッツ   リッチ・チョ氏(ヴァイスプレジデント兼GM)
  ダラス・マーベリックス    マイケル・フィンリー氏(バスケットボール部門重役)
  デンバー・ナゲッツ      ゲイリー・ハリス(プレイヤー)
  デトロイト・ピストンズ    ジェフ・バウワー氏(GM)
  ロサンゼルス・レイカーズ   マジック・ジョンソン氏(プレジデント)
  マイアミ・ヒート       アロンゾ・モーニング氏(ヴァイスプレジデント兼プレイヤープログラム担当)
  ミネソタ・ティンバーウルブズ アンドリュー・ウィギンス(プレイヤー)
  ニューオリンズ・ペリカンズ  アルヴィン・ジェントリー氏(HC)
  ニューヨーク・ニックス    ウォルト・フレイジャー氏(ブロードキャスター)
  オーランド・マジック     フランク・ヴォーゲル氏(HC)
  フィラデルフィア・76ers    ジョエル・エンビード(プレイヤー)
  フェニックス・サンズ     デヴィン・ブッカー(プレイヤー)
  サクラメント・キングス    デイヴ・イエーガー氏(HC)

 他の参加者
  ボストン・セルティックス   スティーヴ・パグリカ氏(少数株主)
  シャーロット・ホーネッツ   チャン・ブキャナン氏(アシスタントGM)
  ダラス・マーベリックス    キース・グラント氏(アシスタントGM)
  デンバー・ナゲッツ      ティム・コナリー氏(GM兼ヴァイスプレジデント)
  デトロイト・ピストンズ    クレツス・ルイスJr.氏(広報責任者)
  ロサンゼルス・レイカーズ   ロブ・ペリンカ氏(GM)
  マイアミ・ヒート       アンディ・エリスバーグ氏(シニオ・ヴァイスプレジデント兼GM)
  ミネソタ・ティンバーウルブズ ブラッド・ルイター氏(広報ヴァイスプレジデント)
  ニューオリンズ・ペリカンズ  マシュー・ライアン氏(バスケットボール通信責任者)
  ニューヨーク・ニックス    ジェイミ・マシューズ氏(ヴァイスプレジデント)
  オーランド・マジック     パット・ウィリアムス氏(ヴァイスプレジデント)
  フィラデルフィア・76ers    アート・Wrubel氏(オーナー)
  フェニックス・サンズ     ジュリー・フィー氏(ヴァイスプレジデント・バスケットボール広報)
  サクラメント・キングス    アンソニー・マククリッシュ氏(シニオマネージャー兼リオ・ビッグホーンアシスタントGM)

 RealGM

広告[NBAの試合DVD販売]

NBA DVD代行
NBA公式の試合DVDを販売しているところです。
欲しいゲームが手に入ります。これって、すごく熱いと思うのは管理人だけでしょうか。
15-16シーズンはもちろん、1970年代のゲームもあります!
管理人が今悩んでいるのは後者です。
NBA DVD代行

広告

最新トラックバック

プロフィール

asua

Author:asua
NBAの最新ニュースを週に6日ほど、更新させていただいております。
見ていって頂ければ、幸いです。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード