FC2ブログ

A・トリヴァー、バイアウト

 アンソニー・トリヴァーがサクラメント・キングスとの間でバイアウトが最終合意に至った、とTHE ATHLETICが報じている。
 トリヴァーは1月にポートランド・トレイルブレイザーズからトレードされていた。

 今シーズンのスタッツ(キングスではプレータイムが9.1分と減っているため、ブレイザーズでの数字となっています)
  平均16.8分出場 3.9得点 3.3リバウンド 0.9アシスト FG.368 3P.337

 THE ATHLETIC

3Pコンテスト、ヒールドが優勝

 2月15日に行われた3Pコンテストで、バディ・ヒールド(サクラメント・キングス)が優勝した。
 3Pコンテストは今回から、3Pラインの183cm後方にMTN DEWゾーンが設けられており、ここからのショットを決めると3点が加算されるルールとなっている。
 ヒールドは決勝でデヴィン・ブッカー(フェニックス・サンズ)、ダービン・ベルターンス(ワシントン・ウィザーズ)と対戦し、最後のショットを沈め1点差で勝負を制している。

 NBA.COM

キングスのオーナー、現状に不満

 サクラメント・キングスのオーナー、ヴィヴェク・ラナディヴェ氏がチームの現状に不満を顕にしている。
 最近では、チーム重役に対し、2018年ドラフトで何故、ルカ・ドンチッチ(ダラス・マーベリックス)を指名しなかったのか。またそうできるような、スカウト能力をチームに求めたという。
 ドンチッチは2018年ドラフトで全体3位指名。キングスは2位指名権を持っていたが、マーヴィン・バグリーを指名している。
 ただ、情報筋によると、すぐにプレジデントやGMを更迭する、といった動きはなさそうだという。

 THE ATHLETIC

ヒールド、トレード要求も?

 サクラメント・キングスのバディ・ヒールドは先月から、スターターからベンチスタートとなっている。
 ヒールドに近い関係者の話として、ベンチスタートが続くようであれば、ヒールドがトレードをチームに要求するかもしれないという。
 すでにルーク・ウォルトンHCとの関係が悪化している、とも報じられている。

 代わってスターターに入ったボグダン・ボグダノヴィッチとヒールドは親交が深い。

 THE ATHLETIC

M・バグリー、シーズン残り欠場の可能性も

 サクラメント・キングスのマーヴィン・バグリーは今シーズン、ここまでわずか13試合にのみ出場しているが、残り試合を欠場する可能性が報じられた。
 キングスの情報筋が明かしたところによると、バグリーの怪我はこれまでチームが発表した「足の痛み」というよりも深刻な可能性があるという。
 バグリーは右手親指の骨折で22試合を欠場し、その「足の痛み」でもここ11試合を欠場している。
 今シーズン、プレイオフ進出を目指し、バグリーには大きな期待が寄せられていた。

 THE ATHLETIC

広告[NBAの試合DVD販売]

NBA DVD代行
NBA公式の試合DVDを販売しているところです。
欲しいゲームが手に入ります。これって、すごく熱いと思うのは管理人だけでしょうか。
15-16シーズンはもちろん、1970年代のゲームもあります!
管理人が今悩んでいるのは後者です。
NBA DVD代行

広告

最新トラックバック

プロフィール

asua

Author:asua
NBAの最新ニュースを週に6日ほど、更新させていただいております。
見ていって頂ければ、幸いです。

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード