C・フライが虫垂炎の手術

 ロサンゼルス・レイカーズのチャニング・フライが虫垂炎切除の手術を受けた。
 今後については、来週末に診断を受け決まる見込み。

 ESPN

L・ボールの父、レイカーズを脅迫

 ロサンゼルス・レイカーズのロンゾ・ボールの父、ラヴァー・ボール氏がもしロンゾの兄弟であるラメロ・ボール氏、リアンジェロ・ボールとレイカーズが契約しなければロンゾ・ボールもレイカーズを離れるだろうとしている。
 ロンゾ・ボールの兄弟2人は今、リトアニアでプレー。ロンゾ・ボールは2022-23シーズンまで制限のないFAとはなれない。
 「3人の息子には、全員レイカーズでプレーして欲しい」
 としたラヴァー・ボール氏は、レイカーズがそうしないのであれば、ロンゾ・ボールがFAとなる際には「NBAチームにロンゾがレイカーズと再契約しそうにないので、3人でならどこへでもいくと言って回る」としている。

 DONATAS URBONAS

レイカーズ、2019年にシフト?

 ロサンゼルス・レイカーズは2018年のオフにFA市場に打って出る為、これまで準備を行ってきたが、最近になって2019年のオフにシフトし始めたのではないか、と報じられている。
 2019年オフにFAとなるプレイヤーは、カワイ・レナード、クレイ・トンプソン、ジミー・バトラーなどがいる。

 レイカーズは2018年のオフに、ラブロン・ジェイムス、ポール・ジョージ、デマーカス・カズンズなどの2018年FA組の獲得を狙っていたが、カズンズはアキレス腱を断裂する大怪我を負い、ジョージはオクラホマシティ・サンダーとの再契約に傾いているともされている。
 ジェイムスについてはまだ明らかになっていないが、他のスタープレイヤーとの契約できなければジェイムスも契約はしないだろうとみられている。
 結果的に、レイカーズの若手がもう1シーズン、実力を証明できる時間が確保できるとも捉えているようだ。

 また、レイカーズのプレジデント、マジック・ジョンソン氏がヤニス・アデトクンボ(ミルウォーキー・バックス)を賞賛し、それが不正交渉にあたるとして5万ドルの罰金を科せられている。

 ESPN

レイカーズ、グリフィンには興味なし

 先にデトロイト・ピストンズへトレードされた、ブレイク・グリフィンに対し、ロサンゼルス・レイカーズは獲得に関心を示さなかったという。

 レイカーズは今も契約残を減らすことのみに動いているという。

 ESPN

L・ボールの捻挫

 ロサンゼルス・レイカーズのロンゾ・ボールは軽度の内側側副靱帯の捻挫で、最大3週間の離脱となる見込みだという。
 ボールは1月13日に負傷し、以降6ゲームを欠場している。
 ルーク・ウォルトンHCは
 「毎日よくなっている」
 「数日か、1週間もあれば練習に復帰できても驚かないだろう。ただ、我々は時間のかかるものと考え、練習を繰り返し(復帰へと)近づけていくだろう。明日戻ってくる、なんてことはないよ」
 と話している。

 ESPN

広告[NBAの試合DVD販売]

NBA DVD代行
NBA公式の試合DVDを販売しているところです。
欲しいゲームが手に入ります。これって、すごく熱いと思うのは管理人だけでしょうか。
15-16シーズンはもちろん、1970年代のゲームもあります!
管理人が今悩んでいるのは後者です。
NBA DVD代行

広告

最新トラックバック

プロフィール

asua

Author:asua
NBAの最新ニュースを週に6日ほど、更新させていただいております。
見ていって頂ければ、幸いです。

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード