ウェイド、キャブスへ!?

 ドウェイン・ウェイドはシカゴ・ブルズとのバイアウト(契約の買い取り)でFAとなった場合、クリーブランド・キャバリアーズと契約するのではないか、と報じられている。
 ジョー・ヴァンドン記者がCBSで明らかにしたもので、「現時点において、(ラブロン)ジェイムスに近い何人かは、今年、ドウェイン・ウェイドがキャブスへ行くことをかなりの強度で確信している」と話している。

 /CLEVELAND PLAIN DEALER (VIA CBS SPORTS)

ラブロン・ジェイムス、2018年の移籍を決意か!?

 クリーブランド・キャバリアーズのラブロン・ジェイムスが2018年にキャブスから移籍することを決めた、との報道がなされ、またそれを否定する報道がそれぞれなされている。
 一方、カイリー・アーヴィングのトレードについて、一部では”キャブスはジェイムスの離脱を前提に動いている”とも報じられている。

 CLEVELAND PLAIN DEALER

キャブスがポルジンギスを狙う

 クリーブランド・キャバリアーズがカイリー・アーヴィングをトレードする見返りとして、ニューヨーク・ニックスのクリスタプス・ポルジンギスを狙っていることがわかった。
 キャブスは将来有望で、一流の若手の獲得を絶対条件としているという。
 フェニックス・サンズとも交渉がおこなれていたが、サンズがルーキーのジョシュ・ジャクソン放出を拒否したため、合意には至らなかった。
 他では、ボストン・セルティックスのジェイソン・テイタム、デンバー・ナゲッツのジャマール・マレーにもキャブスが関心を示している問いう。

 他では、サンアントニオ・スパーズもアーヴィング獲得に関心を持っているという。
 ただ、スパーズがオファーするとされる、ラマーカス・オルドリッジ、トニー・パーカー、ダニー・グリーンを軸としたオファーになるとみられており、キャブスの要望(有望な若手)を満たすものではないともみられている。

 WOWOW、ESPN

元キャブスGM、アーヴィングを擁護

 クリーブランド・キャバリアーズの前GM、デイヴィッド・グリフィン氏がチームにトレード要求をしたカイリー・アーヴィングについて、勇気ある行動だったと語っている。
 アーヴィングは球団オーナーのダン・ギルバート氏に直談判しているが、これについて多くのプレイヤーがアーヴィングのような勇気は持っていない、としている。
 最終的にアーヴィングはトレードされるだろうとグリフィン氏は語っているが、トレード先についての予想はしなかった。

 WOWOW

アーヴィング、すぐの長期契約を望まず

 カイリー・アーヴィング(クリーブランド・キャバリアーズ)は2019年にFAとなるが、まだ長期契約を結ぶことは望んでいないという。
 フェニックス・サンズはアーヴィング獲得に関心を示しているが、契約延長を結べるかを知りたがっている。結べるのであれば、サンズはエリック・ブラッドソーとのトレードを喜んで進めるとみられている。
 アーヴィングの契約は、17-18シーズンが1887万ドル、18-19シーズンが2010万ドル、19-20シーズンが2133万ドル(プレイヤーオプション)となっている。
 キャブスにトレードを要求したアーヴィングだが、長期的なオプションについては保持したい考えだという。

 Cleveland Plain Dealer

広告[NBAの試合DVD販売]

NBA DVD代行
NBA公式の試合DVDを販売しているところです。
欲しいゲームが手に入ります。これって、すごく熱いと思うのは管理人だけでしょうか。
15-16シーズンはもちろん、1970年代のゲームもあります!
管理人が今悩んでいるのは後者です。
NBA DVD代行

広告

最新トラックバック

プロフィール

asua

Author:asua
NBAの最新ニュースを週に6日ほど、更新させていただいております。
見ていって頂ければ、幸いです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード