ブルズ、条件次第でウェイドのバイアウトも

 シカゴ・ブルズはチームにとって有利な条件であれば、ドウェイン・ウェイドとのバイアウト(契約の買い取り)も交渉したい考えだという。
 ウェイドは既に17-18シーズンのプレイヤーオプション(2380万ドル)を行使し、契約を延長している。

 Chicago Tribune

M・カーター・ウィリアムス、FAに

 シカゴ・ブルズがマイケル・カーター・ウィリアムスに対し、クオリファイイングオファーを出さないことを決め、ウィリアムスは制限のないFAとなることがわかった。
 ウィリアムスはシーズン前にミルウォーキー・バックスからブルズへトレードされていた。
 2014年にルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞したウィリアムスだが、シュート力を改善できず、最近は評価を下げている。

 ESPN1000

ブルズ、ロンドの放出を検討

 シカゴ・ブルズがラジョン・ロンドの放出を検討していることがわかった。
 ロンドの契約は、来シーズンの1340万ドルについて、6月30日までに放出すれば保証され支払う必要があるのは300万ドルのみとなっている。
 ブルズはロンドの一定評価しているものの、若手にプレータイムを与えたいとも考えている。
 報道関係によると、ブルズは一度ロンドを放出し、低価格での再契約を検討しているという。

 ロンドに対しては、ニューオリンズ・ペリカンズ、インディアナ・ペイサーズがFAになった場合、獲得に動くと見られている。

 Chicago Tribune

ウェイド、ヒートへの復帰も?

 シカゴ・ブルズがジミー・バトラーをトレードしたことで、再建に突入したことが明らかになった。
 これを受け、ドウェイン・ウェイドがどういった処遇となるのかが注目されている。

 ブルズとウェイドがバイアウト(契約の買い取り)で合意した場合、古巣であるマイアミ・ヒート復帰の可能性が報じられている。
 一方、親友であるラブロン・ジェイムスのいるクリーブランド・キャバリアーズと契約するのではないか、とも報じられている。ただ、キャブスと契約した場合、ウェイドはベンチプレイヤーとしての立場を受け入れる必要があるともされている。

 ESPN

ウェイド、オプション行使し残留へ

 ドウェイン・ウェイドがシカゴ・ブルズとの間で保持する、プレイヤーオプション(2400万ドル)を行使し、契約を1年延長することを決めたようだ。
 ウェイドはブルズの再建プロジェクトには関心がないとされている。
 一方、ウェイドがFAを選択しても、現状で2400万ドルという額のオファーは得られそうにない、とも伝えられている。

 CSN Chicago

広告[NBAの試合DVD販売]

NBA DVD代行
NBA公式の試合DVDを販売しているところです。
欲しいゲームが手に入ります。これって、すごく熱いと思うのは管理人だけでしょうか。
15-16シーズンはもちろん、1970年代のゲームもあります!
管理人が今悩んでいるのは後者です。
NBA DVD代行

広告

最新トラックバック

プロフィール

asua

Author:asua
NBAの最新ニュースを週に6日ほど、更新させていただいております。
見ていって頂ければ、幸いです。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード