ペリカンズ、コーチ人事

 ニューオリンズ・ペリカンズがクリス・フィンチ氏をACとして雇用した。

 「クリスをペリカンズの組織に迎え入れられて興奮している」
 「彼はコーチングスタッフに豊富な経験と知識をもたらし、我々が前進するために不可欠な役割を担ってくれるだろう」
   アルヴィン・ジェントリーHC

 RealGM

モティユナス、代理人を変更

 ドナタス・モティユナスがオクタゴン・スポーツの代理人と契約することで合意した。
 モティユナスはワッサーマン社のB.J.アームストロング氏と契約していたが、オフに制限付きFAだったが、その結果について満足していないという。
 結果的に、モティユナスはニューオリンズ・ペリカンズで今シーズンを終えている。

 David Pick

前コミッショナー、C・ポールのレイカーズへのトレードについて語る

 前NBAコミッショナーのデイヴィッド・スターン氏が2011年にニューオリンズ・ペリカンズからロサンゼルス・レイカーズへ、クリス・ポールをトレードする案について
 「ただただ、バスケットボールの面で」
 拒否したことを明らかにし、説明している。

 「ニューオリンズにとって何がいいか、どうするべきなのかについて判断した」
 「ニューオリンズ・ホーネッツにとって、いい判断だった」
 と話しており、噂されている他チームのオーナーの圧力を否定している。

 このトレードは2011年に、ロサンゼルス・レイカーズ、ニューオリンズ・ホーネッツ(当時、現ペリカンズ)、ヒューストン・ロケッツとの間で合意に至ったものが、当時、経営悪化によりホーネッツの一時的なオーナーとなっていたリーグの承認が得られず、流れたというもの。
 トレード内容としては
  ・レイカーズ獲得 クリス・ポール
  ・ホーネッツ獲得 ラマー・オドム(レイカーズより)、ルイス・スコラ(ロケッツより)、ケヴィン・マーティン(ロケッツより)、ゴラン・ドラギッチ(ロケッツより)、1巡目指名権(ロケッツより)
  ・ロケッツ獲得  ポウ・ガソル(レイカーズより)
 というもの。

 SILVER SCREEN & ROLL

ペリカンズのAC人事

 ニューオリンズ・ペリカンズがクリス・フィンチ氏をACとして、雇用間近だと報じられている。
 フィンチ氏はヒューストン・ロケッツを経て、デンバー・ナゲッツでトップACを務め、チームの改善に大きく寄与したという

 ESPN

ペリカンズ、ジェントリーHCとデンプスGMを保持へ

 ニューオリンズ・ペリカンズが、17-18シーズンまでアルヴィン・ジェントリーHCと、デル・デンプスGMを保持することが明らかになった。
 契約は17-18シーズンまで残っており、保持というよりは“解雇しない方針”であることがわかったといったところ。

 2月にサクラメント・キングスからデマーカス・カズンズ獲得に成功したことが、両者を保持する考えに傾いた大きな要因だと報じられている。

 THE ADVOCATE

広告[NBAの試合DVD販売]

NBA DVD代行
NBA公式の試合DVDを販売しているところです。
欲しいゲームが手に入ります。これって、すごく熱いと思うのは管理人だけでしょうか。
15-16シーズンはもちろん、1970年代のゲームもあります!
管理人が今悩んでいるのは後者です。
NBA DVD代行

広告

最新トラックバック

プロフィール

asua

Author:asua
NBAの最新ニュースを週に6日ほど、更新させていただいております。
見ていって頂ければ、幸いです。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード