FC2ブログ

J・ホリディの契約

 ミルウォーキー・バックスとジュルー・ホリディが4年1億6000万ドルでの契約延長を結んだが、情報筋によると、この契約には2500万ドルのボーナスが含まれているようだ。
 保証された額は、2024-25シーズンまでで1億3500万ドルとされている。

 The Athletic

続きを読む

J・ホリディ、バックスと契約延長で合意

 ジュルー・ホリディがミルウォーキー・バックスとルール上の上限金額での4年の契約延長に合意した、とTHE ATHLETICが報じている。
 契約は最大で1億6000万ドルに達する可能性がある。

 今シーズンのスタッツ
 38試合に平均31.7分出場
 17.0得点 5.4アシスト 4.6リバウンド 1.8スティール
 FG.509 3P.390 FT.816

 THE ATHLETIC

J・ティーグ、バックスと合意

 ジェフ・ティーグがミルウォーキー・バックスと契約することで合意した。
 ティーグはトレード期限前に、ボストン・セルティックスからオーランド・マジックへトレードされ、その後、放出されていた。
 アトランタ・ホークス時代において、ティーグは現バックスのマイク・ブデンホルツァーHCの指導を受けた経験がある。

 バックスは、オクラホマシティ・サンダーから放出された、オースティン・リヴァースとの契約が噂されていた。

 ESPN、The Athletic

バックス、P.J.タッカー獲得

 ミルウォーキー・バックスとヒューストン・ロケッツとの間でトレードが合意にいたり、バックスがP.J.タッカーを獲得した。

 バックス獲得
  P.J.タッカー
  ロディアンス・クルークス
  2022年1巡目指名権(元々バックスのものが戻る形となる)

 ロケッツ獲得
  D.J.オーガスティン
  D.J.ウィルソン
  2021年1巡目指名権(条件付き)
  2023年1巡目指名権(条件なし)

 バックスからロケッツへトレードされた2021年1巡目指名権は、上位9位以上の指名順となった場合のみ、バックスへ戻される。
 その際、ロケッツには2巡目指名権をバックスの1巡目指名権と交換する権利が与えられる(いつの指名権をかは不明)。

 この結果、ロケッツは2021年ドラフトで1巡目指名権を3つ獲得する可能性が出てきた。

 バックスは別で、トーリー・クレイグをフェニックス・サンズにトレードしたとも報じられている(詳細不明)。

 ESPN

バックス、ロスター情報

 ミルウォーキー・バックスがアクセル・トゥーパンとツーウェイ契約を計画している、と情報筋が明らかにしている。
 トゥーパンは今シーズン、Gリーグでプレーし、17.9得点・8.1リバウンドを記録している。

 THE ATHLETIC

広告[NBAの試合DVD販売]

NBA DVD代行
NBA公式の試合DVDを販売しているところです。
欲しいゲームが手に入ります。これって、すごく熱いと思うのは管理人だけでしょうか。
15-16シーズンはもちろん、1970年代のゲームもあります!
管理人が今悩んでいるのは後者です。
NBA DVD代行

広告

最新トラックバック

プロフィール

asua

Author:asua
NBAの最新ニュースを週に6日ほど、更新させていただいております。
見ていって頂ければ、幸いです。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード