ポール、クリッパーズ側と面談

 FAとなるクリス・ポールとその代理人が、ロサンゼルス・クリッパーズ関係者と面談を行った。
 フランチャイズの将来について話し合い、近く再度の面談を行う予定。

 クリッパーズは他チームより、有利な条件をオファーできる。
 しかし、その一方でポールが真剣にサンアントニオ・スパーズ行きを検討している、とも報じられている。

 THE VERTICAL

レディック獲得にネッツ、76ersが動く

 ロサンゼルス・クリッパーズからオフにFAとなる、J.J.レディックに対して、フィラデルフィア・76ers、ブルックリン・ネッツが獲得に動いているようだ。
 レディックは2013年にクリッパーズと4年2700万ドルで契約していた。

 The Ringer

クリッパーズ、D・ジョーダンのトレードを否定

 ロサンゼルス・クリッパーズがディアンドレ・ジョーダンをトレードする可能性について否定した。
 先日、クリッパーズがジョーダンのトレード市場での価値を調査している、と報じられていた。
 ジョーダンは2年4600万ドルの契約を残しているが、2018年にFAとなることもできる。

 チーム副社長のローレンス・フランク氏は
 「ディアンドレはそこにはいっていないよ」
 「ディアンドレは我々の根っこの部分だ。面白いことに、全ての噂を追っていけばきっと、ゴールデンステイトとラブロン以外の全てのプレイヤーが関わっているんじゃないか」
 と話し、噂を否定している。

 ESPN

クリッパーズ、指名権を購入へ

 ロサンゼルス・クリッパーズは今年のドラフトで唯一、1つの指名権も保持していない。
 その状況で、クリッパーズは2巡目指名権の購入を検討しているという。
 その為の資金として、クリッパーズは200万ドル以上を用意。35~50位程度の指名権を求めているようだ。

 2巡目指名権で言うと、フィラデルフィア・76ersが4つ、ボストン・セルティックスが3つ所持しており、オーランド・マジックとユタ・ジャズが2つの1巡目指名権を持っていることから2巡目指名権を売却する可能性があるという。

 Los Angeles Times

ウェスト氏、クリッパーズ入り

 ジェリー・ウェスト氏がロサンゼルス・クリッパーズ入りし、契約は1シーズン400~500万ドルと報じられている。
 この人事は2018年に少しでもラブロン・ジェイムス(クリーブランド・キャバリアーズ)獲得の可能性を上げるためではないか、とされている。
 ジェイムスとウェスト氏は長年、交流があることで知られている。

 USA Today

広告[NBAの試合DVD販売]

NBA DVD代行
NBA公式の試合DVDを販売しているところです。
欲しいゲームが手に入ります。これって、すごく熱いと思うのは管理人だけでしょうか。
15-16シーズンはもちろん、1970年代のゲームもあります!
管理人が今悩んでいるのは後者です。
NBA DVD代行

広告

最新トラックバック

プロフィール

asua

Author:asua
NBAの最新ニュースを週に6日ほど、更新させていただいております。
見ていって頂ければ、幸いです。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード