FC2ブログ

J・パーカー、将来のバックス復帰の可能性

 ジャバリ・パーカーは2014年にミルウォーキー・バックスから全体2位指名を受け、NBA入りし、2018年オフにチームを離れ、11月27日にアトランタ・ホークスの一員としてミルウォーキーに戻ってきている。
 バックスの新たな本拠地、ファイザーヴ・フォーラムについて、
 「ここでプレーしたことはないけれど、街の成長を見るようで、本当に楽しいよ」
 それを共有できなかったことを寂しいとも話しつつ、2020-21シーズンがプレイヤーオプションであるパーカーは、
 「(バックス復帰を除外することは)決してない。ここへ帰ってくる可能性を否定するつもりはまったくないよ」
 と話している。

 ESPN

K・ハーター、練習復帰

 アトランタ・ホークスのケヴィン・ハーターがコート上での練習について、医師から再開の許可が下りた。
 ハーターは11月14日に左肩腱板などを痛め、その時点で2週間は離脱すると報じられていた。

 復帰時期については、現在の遠征には参加せず、12/2以降での復帰について怪我の状態を考慮し検討する見込み。

 REALGM

K・ヒューター、一転し2週間の離脱

 アトランタ・ホークスのケヴィン・ヒューターだが、MRI検査の結果、肩に複数の負傷が明らかになり、2週間は離脱することがわかった。
 怪我は左肩の腱板などの歪みで、2週間後の診察で復帰時期が明らかになる見込み。

 REALGM

K・ヒューター、左肩の怪我は軽症

 アトランタ・ホークスのケヴィン・ヒューターは火曜日のデンバー・ナゲッツ戦で左肩を痛めたが、骨に異常はみられなかった。
 水曜日にはMRI検査も予定している。
 木曜日にはフェニックス・サンズ戦が控えているが、復帰についてはその日の状態次第で判断される見込み。
 ヒューターは今シーズン、22.5分のプレータイムで9.3得点・3.5リバウンド・2.8アシストを記録している。

 REALGM

J・コリンズに25試合の出場停止処分

 アトランタ・ホークスのジョン・コリンズがNBAから25試合の出場停止処分を科せられた。
 NBAとNBA選手会(NBPA)の反薬物プログラムに違反したため。成人成長ホルモン放出ペプチド-2で陽性反応がでたという。
 コリンズは謝罪し、「禁止された成分を含むサプリメントをそうとは知らずに摂取していた」と話している。
 出場停止処分については、仲裁を申請し早期の復帰を目指すとも話している。

 NBA.com

広告[NBAの試合DVD販売]

NBA DVD代行
NBA公式の試合DVDを販売しているところです。
欲しいゲームが手に入ります。これって、すごく熱いと思うのは管理人だけでしょうか。
15-16シーズンはもちろん、1970年代のゲームもあります!
管理人が今悩んでいるのは後者です。
NBA DVD代行

広告

最新トラックバック

プロフィール

asua

Author:asua
NBAの最新ニュースを週に6日ほど、更新させていただいております。
見ていって頂ければ、幸いです。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード