2018年バスケットボール殿堂入りメンバーが発表

 3月31日、2018年のバスケットボール殿堂入りメンバー13名が発表された。
 NBAプレイヤーでは、スティーヴ・ナッシュ、ジェイソン・キッド、グラント・ヒル、レイ・アレン、モーリス・チークスの5名。
 
 上記を含めた2018年殿堂入り13名は以下の通り。
 ※PLA=元選手、COA=元指導者、REF=元審判、CONT=功労者

 北米委員会選出
 Ray Allen (PLA)
 Maurice Cheeks (PLA)
 Charles “Lefty” Driesell (COA)
 Grant Hill (PLA)
 Jason Kidd (PLA)
 Steve Nash (PLA) 

 女子委員会選出
 Katie Smith (PLA)
 Tina Thompson (PLA)* 

 功労者委員会選出
 Rod Thorn(CONT)
 Rick Welts(CONT) 

 早期アフリカ系アメリカ人パイオニア委員会選出
 Ora Mae Washington(PLA) 

 インターナショナル選手委員会選出
 Dino Radja(PLA) 

 ベテラン委員会選出
 Charlie Scott(PLA)

 NBA.com

ブライアント氏、ESPNでバスケットボール分析番組

 コービー・ブライアント氏が総合的にプロデュースする“Detail”という名の新しいバスケットボール分析番組が3月からスタートする予定であることがわかった。
 ブライアント氏は様々な視点でゲームを楽しむ助けになりたい考え。

 「ゲーム・フィルムから学ぶことは、最高の方法だ。バスケットボールの博士号取得のための大学といったところだよ」
 「私はフィル・ジャクソン、テックス・ウィンターと最高のコーチからフィルムの見方を教わった。詳しくESPNという大きなプラットフォームで次世代にその技術を提供したい」
   ブライアント氏

 RealGM

殿堂入り候補

 2018年のバスケットボール殿堂入り候補が発表された。
 NBAでは、ジェイソン・キッド、スティーヴ・ナッシュ、レイ・アレン、グラント・ヒル、リチャード・ハミルトンが新たに候補としてあげられた。
 クリス・ウェバー、ベン・ウォレス、ティム・ハーダウェイも再度候補として上がっている。

 ESPN

殿堂入りへの待機期間が3年に短縮

 バスケットボール殿堂入りについて、引退後の待機期間がこれまでの5年から3年に短縮された。
 プレイヤー、コーチ、審判などいずれの立場でも同じ条件。
 今シーズンでは、14-15シーズン後に引退したプレイヤーもこれで対象となる。

 RealGM

2023年FIBAワールドカップが3地域共同開催に

 FIBAは土曜日、2023年のFIBAバスケットボールワールドカップについて、フィリピン、日本、インドネシアでの共同開催とすることを明らかにした。
 複数国での開催は史上初めて。
 2019年のワールドカップは中国で開催される。

 FIBAバスケットボールは各地でグループ戦が行われ、最終フェーズはフィリピンの首都マニラで開催される。

 RealGM

広告[NBAの試合DVD販売]

NBA DVD代行
NBA公式の試合DVDを販売しているところです。
欲しいゲームが手に入ります。これって、すごく熱いと思うのは管理人だけでしょうか。
15-16シーズンはもちろん、1970年代のゲームもあります!
管理人が今悩んでいるのは後者です。
NBA DVD代行

広告

最新トラックバック

プロフィール

asua

Author:asua
NBAの最新ニュースを週に6日ほど、更新させていただいております。
見ていって頂ければ、幸いです。

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード