ダンカン氏が声明

 NBAを引退したティム・ダンカン氏が声明を発表している。

 「もし19年前に、自分のキャリアの展望を示す脚本のようなものを書くように言われたとしても、こんな旅路を思いつくことはできなかったでしょう」
 「今こうして、この旅の最終地点に立ち、これまでのことを振り返ってみると、自分が経験したことに圧倒されてしまいます」
 「勝った試合、負けた試合のことも今後は思い返すでしょう。ですが、何より最も振り返ることになるのは、出会った人たちです」
 「今までのキャリアは本当に楽しかった。歓声や笑い、うれしかったこと、つらかったこと、全部を含めて楽しんだ。これ以上にいい言葉が思いつかない、“ありがとう”」

 NBA.com、WOWOW

CnRGs9CVIAEuWGp.jpg 

コメント

KG、お前もか…

>オフェンスはやはりデュラント起点でのスタートで、という形になるんでしょうか。

デュラント起点にグリーン起点、そしてカリー起点もありそうですね。
みんな起点にも中継点にも終点にもなれますもんね。

うまくいけばこれまでよりもさらに多種多様なオフェンスが可能になり、それを担保するのは、カリーやデュラントというリーグ最高峰のスコアラー二人の絶対性ということになりますねぇ。

と考えると、やはりトンプソンはシックスマンか…。
彼の、間隙を縫うようなスコアリング。
相手チームの意識がカリーに向いているときや、相手チームがベンチメンバー主体のときに巧みに点を獲るセンス。
あれを最大限に活かしたいですし、カリーやデュラントに次ぐ単なる3rdスコアラーにするのはもったいないですからね。

>ウェストはインサイドを支えてくれる、というよりは、起用なスコアラーという印象なんですが、どうでしょう?
スコアリングは、さすがの一言に尽きますよね。
そしてディフェンスでは、リバウンドはあまり取れないけど、チームディフェンスをそれなりに頑張ってくれる印象もありますよね。
現有戦力だと彼はPFの控えであり、同時にCの控えでもあるのでしょうか。

>正直、昨シーズン中でさえ、ウォリアーズの優勝は私は考慮さえしていませんでしたからね(笑)。

えっ?!
そうだったんですか?!
キャブスやスパーズが優勢だと?!

>私的には、もちろん来シーズンもあるでしょうが、それ以降のことも見据えた動きだと思っています。

ああ~、なるほど!

ちなみにデュラントは、今回ウォリアーズと契約する決め手となったのは、カリーやグリーンやトンプソンが直接勧誘しに来てくれたからだと言っていますね。

>デュラントと契約できる状態にあるチームと言えば、それだけキャップスペースがある、つまりは層として薄いことをも意味します。

ですね。
サンダーを除けば、優勝を狙えそうなのはウォリアーズかスパーズぐらいだったでしょうし。

>問題はC。どこのチームも安定したCを欲しているこの状況で、Cをどうするか。

まさか、パチューリアがまだどことも契約していなかったとは!

もちろんパチューリアよりボーガットの方が良いセンターだと思いますが、でも「デュラント&パチューリア>バーンズ&ボーガット」ですねぇ。

これでウォリアーズは、またまた優勝候補筆頭に躍り出たんじゃないでしょうかね。

これで、このオフにまだ戦力の上積みができていないディフェンディングチャンピオンのキャブスもうかうかできなくなりました。
よし!
こうなりゃ、アービングとウェストブルックのトレードだ~!
…とはならないか。

まあでも、レブロンとウェストブルックという超人を二人並べるラインアップも、それはそれで面白そうですね。

>あら?kageさん、コンリーに対して辛口ですね。コンリーの評価って低いんですか?

コンリーは嫌いじゃないですし、むしろ、たとえば彼がこのオフにスパーズ入りしたらどうなるだろうと想像したこともありますよ。

でも今回の契約額には、「ラシャード・ルイスかよ!」とツッコミを入れたくなったのです。

>客観的に見て、ウェイドのケガがちなことを考えると、契約しないということは十分考慮していい一手とは思いますが、それでもねぇ。

そんなウェイドを獲得したブルズですが、これまた興味深い強化をしてきましたね。
ロンドを獲りましたかぁ。

バックコートはウェイド&ロンドという、キャッチ&リリースだと3Pどころかジャンパーすら期待できない二人。
でもインサイドに切り込めるし、パスを捌ける。

インサイドアウトのパスを受け、それをアウトサイドからのショットに繋げるのは、バトラーやミロティッチやマクダーモット。
センターには、ディフェンス力の高いロペス。
頼れる控えPFギブソンも健在。

と、戦力的にはなかなかのものがありますね。
まあでも、キャブスの対抗馬になるだけのポテンシャルがあるかといえば…。

イースタン・カンファレンスは、もう6年もの間「レブロンのいるチーム」が大本命で変わらず、そこが物足りないですね。
それがレブロンの凄さであり、あるいはイースタンの弱さでもありますね。

最後に。
ダンカンの引退は、さすがに残念でしたねぇ。
スタメンはガソルとオルドリッチでベンチはダンカンという、「テクニカル過ぎる3人」を見られると思っていたのに…。

それにしても、振り返ってみると…。
ダンカンは「歴代最高のパワーフォワード」どころか、「歴代最高のビッグマン」ともいえそうな気がするのは私だけでしょうか。

No title

>と考えると、やはりトンプソンはシックスマンか…。
ん~、すごく合理的なんですが、やりますかねぇ。
まず間違いなく、トンプソンが得点数では3番目になると思われますので、更にそこでシックスマン起用となると、不満がたまらないかが心配です。

>そしてディフェンスでは、リバウンドはあまり取れないけど、チームディフェンスをそれなりに頑張ってくれる印象もありますよね。
>現有戦力だと彼はPFの控えであり、同時にCの控えでもあるのでしょうか。
ですね。
バーンズにCさせていたチームですから、それを考えると十分考えられるでしょう。

>キャブスやスパーズが優勢だと?!
これまで、アウトサイドを主力武器としたチームが勝ち上がってきた実績が私の中ではなかったですし、90年代からオフェンスをハイペースでやるチームを応援し続けてダメだった実績がありすぎましたからね(笑)。
個人的には、スパーズがウェストを圧倒。イーストはキャブスといい補強したヒート、ブルズあたりか?なんて思っていました。
ウォリアーズ?もりあげてくれるといいっすねぇ、ぐらいでした(笑)。

>今回ウォリアーズと契約する決め手となったのは、カリーやグリーンやトンプソンが直接勧誘しに来てくれたからだと言っていますね。
なるほど。
話が少し変わりますが、ヒートがウェイドを逃したのはライリーは「自分がでて交渉しなかったから」など金銭面以外のところが大きいと言っていました。
そして、そのニュースの後、現状ではどう考えても払い過ぎというスパーズとジノビリの1年1400万ドルの契約が発表されました。新たなシーズンでは払い過ぎですが、昨シーズンで言うと安すぎたジノビリ。オルドリッジ獲得などに必要でそれを説明し、ジノビリが受け、そしてそれにしっかり報いたということなんでしょうか。
このオフは、ライリー完敗ですね。と思った次第でした。

>まさか、パチューリアがまだどことも契約していなかったとは!
同感です。特にあの金額とは。
リバウンドという意味では頼りになりますなぁ。
ウォリアーズ、フロントもいい仕事します。
優勝候補は間違いないですね。ウェストは勝ち上がれるでしょう。というのも、ライバル2チーム(スパーズ、サンダー)が戦力を落としましたからね。
さぁとはディフェンディングチャンピオンですが、jrスミスとの契約がまだですが。
…ラヴのトレードの噂は未だに消えません。どうなりますやら。

ブルズですが、
>戦力的にはなかなかのものがありますね。
>まあでも、キャブスの対抗馬になるだけのポテンシャルがあるかといえば…。
ほんと、このとおりですよね。
ウェイドが絶対にケガをしない、という前提であれば、あと1枚インサイドにいいプレイヤーが来ればあるいは、とも思いますが、前提条件が厳しいですからね。

>もう6年もの間「レブロンのいるチーム」が大本命で変わらず、そこが物足りないですね。
>それがレブロンの凄さであり、あるいはイースタンの弱さでもありますね。
イースタン内でのレギュラーシーズンゲームとか、正直見ててもあんまり盛り上がりませんからねぇ。

>ダンカンの引退は、さすがに残念でしたねぇ。
残念です。
仰るとおり、ガソルと一緒にコートに立つ場面を見たかったですが。

>ダンカンは「歴代最高のパワーフォワード」どころか、「歴代最高のビッグマン」ともいえそうな気がするのは私だけでしょうか。
ビッグマン歴代最高、という話でどうしても私が外せないのが、オラジュワンとシャック。
どちらも規格外の存在で、かたやフットワークとスキル、かたは身体能力。
スキルでいうと、ダンカンよりオラジュワンかと思いますし、身体能力では及びません。
ただ、「キャリアを通してチームに貢献した最高のビッグマンは?」と問われればダンカンだと思います。
それこそ、ルーキーシーズンからベテランのようなプレーでチームに貢献し続け、5度ですからね。優勝したの。しかも、キャリアをずっと通してチームを優勝に導き続けたわけですから。それこそ、コービーにもできなかったことをやってのけたわけですから。
ん~、いやそういう意味を含めて”史上最高”か…。自分で否定しておいてなんですが、整理してみるとありですねぇ(笑)。
非公開コメント

広告[NBAの試合DVD販売]

NBA DVD代行
NBA公式の試合DVDを販売しているところです。
欲しいゲームが手に入ります。これって、すごく熱いと思うのは管理人だけでしょうか。
15-16シーズンはもちろん、1970年代のゲームもあります!
管理人が今悩んでいるのは後者です。
NBA DVD代行

広告

最新トラックバック

プロフィール

asua

Author:asua
NBAの最新ニュースを週に6日ほど、更新させていただいております。
見ていって頂ければ、幸いです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード