ニックスがローズとの再契約に関心

 これまでも伝えられてきたが、ニューヨーク・ニックスがチームからFAとなる、デリック・ローズとの再契約に関心を示している。
 今シーズンの成績は64ゲームに出場し、18得点・4.4アシスト・3.8リバウンド。
 ただ、左膝半月板の損傷で、4月5日にシーズンを終了している。

 ローズは契約先について、金銭よりも優勝争いができることが重要だとしている。

 ESPN

ブルズ、条件次第でウェイドのバイアウトも

 シカゴ・ブルズはチームにとって有利な条件であれば、ドウェイン・ウェイドとのバイアウト(契約の買い取り)も交渉したい考えだという。
 ウェイドは既に17-18シーズンのプレイヤーオプション(2380万ドル)を行使し、契約を延長している。

 Chicago Tribune

サンズ、クオリファイイングオファー

 フェニックス・サンズがアレックス・レン、アラン・ウィリアムスに対して、クオリファイイングオファーを出し2人を制限付きFAとすることを決めた。
 レンは今シーズン、8.0得点・6.6リバウンド・1.3ブロックを平均20.2分のプレータイムで記録。
 ウィリアムスは7.4得点・6.2リバウンドを平均15.1分で記録していた。

 RealGM

M・カーター・ウィリアムス、FAに

 シカゴ・ブルズがマイケル・カーター・ウィリアムスに対し、クオリファイイングオファーを出さないことを決め、ウィリアムスは制限のないFAとなることがわかった。
 ウィリアムスはシーズン前にミルウォーキー・バックスからブルズへトレードされていた。
 2014年にルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞したウィリアムスだが、シュート力を改善できず、最近は評価を下げている。

 ESPN1000

初のNBAアワーズで、MVPはウェストブルックが受賞!

 シーズン各賞を発表する、NBAアワーズが初めて行われた。

 結果などは以下の通り。

 MVP

 1. Russell Westbrook: 888 points (69 1位票の数)
 2. James Harden: 753 points (22)
 3. Kawhi Leonard: 500 points (9)
 4. LeBron James: 333 points (1)
 5. Isaiah Thomas: 81 points
 6. Stephen Curry: 52 points
 7. John Wall: 7 points
 8. Giannis Antetokounmpo: 7 points
 9. Anthony Davis: 2 points
 10. Kevin Durant: 2 points
 11. DeMar DeRozan: 1 point


 オールNBAチーム

 ファーストチーム 
 レブロン・ジェームズ(クリーブランド・キャバリアーズ)
 カワイ・レナード(サンアントニオ・スパーズ)
 アンソニー・デイヴィス(ニューオリンズ・ペリカンズ)
 ジェームズ・ハーデン(ヒューストン・ロケッツ)
 ラッセル・ウェストブルック(オクラホマシティ・サンダー) 

 セカンドチーム  
 ヤニス・アデトクンボ(ミルウォーキー・バックス)
 ケヴィン・デュラント(ゴールデンスティト・ウォーリアーズ)
 ルディ・ゴベール(ユタ・ジャズ)
 ステフォン・カリー(ウォリアーズ)
 アイザイア・トーマス(ボストン・セルティックス) 

 サードチーム  
 ドレイモンド・グリーン(ウォリアーズ)
 ジミー・バトラー(シカゴ・ブルズ)
 ディアンドレ・ジョーダン(ロサンゼルス・クリッパーズ)
 ジョン・ウォール(ワシントン・ウィザーズ)
 デマー・デローザン(トロント・ラプターズ)


 オールディフェンシブチーム
 ファーストチーム
 ゴールデンステイト・ウォリアーズ ドレイモンド・グリーン(198ポイント、ファーストチーム票99)
 ユタ・ジャズ ルディ・ゴベール(196ポイント、ファーストチーム票97)
 サンアントニオ・スパーズ カワイ・レナード(192ポイント、ファーストチーム票93)
 ロサンゼルス・クリッパーズ クリス・ポール(140ポイント、ファーストチーム票61)
 ヒューストン・ロケッツ パトリック・ビベリー(110ポイント、ファーストチーム票38)


 セカンドチーム
 サンアントニオ・スパーズ ダニー・グリーン(68ポイント、ファーストチーム票21)
 ニューオーリンズ・ペリカンズ アンソニー・デイビス(58ポイント)
 オクラホマシティ・サンダー アンドレ・ロバーソン(53ポイント、ファーストチーム票3)
 ミルウォーキー・バックス ヤニス・アデトクンボ(35ポイント、ファーストチーム票7)



 ディフェンシヴ・オブ・ザ・イヤー

 ドレイモンド・グリーン(ゴールデンスティト・ウォーリアーズ)
 最終選考に、カワイ・レナード(サンアントニオ・スパーズ)、ルディ・ゴベート(ユタ・ジャズ)が残っていた。


 MIP(最も成長したプレイヤー)
 ヤニス・アテドクンポ(ミルウォーキー・バックス)
 ルディー・ゴベート(ユタ・ジャズ)、ニコラ・ヨキッチ(デンバー・ナゲッツ)が最終選考にまで残っていた。


 シックスマン・オブ・ザ・イヤー
 エリック・ゴードン(ヒューストン・ロケッツ)
 アンドレ・イグダラ(ゴールデンスティト・ウォーリアーズ)、ルー・ウィリアムス(ヒューストン・ロケッツ)が最終選考にまで残っていた。
 ゴードンはトータル358ポイントでの受賞。ただ、イグダラも326得点で続いていた。


 ルーキー・オブ・ザ・イヤー
 マルコム・ブログドン(ミルウォーキー・バックス)
 ジョエル・エンビード(フィラデルフィア・76ers)、ダリオ・サリッチ(フィラデルフィア・76ers)が最終選考にまで残っていた。
 ブログドンは、今シーズン26.3分のプレータイムで10.2得点・2.8リバウンド・4.2アシストを記録している。
 ブログドンはトータル414ポイント(64の1位票を獲得)での受賞。サリッチは266ポイント(1位票は13)、エンビードは177ポイント(同23)となっている。


 オールルーキーチーム
 ファーストチーム
 ミルウォーキー・バックス マルコム・ブログドン(200ポイント、ファーストチーム票100)
 フィラデルフィア・セブンティシクサーズ ダリオ・サリッチ(200ポイント、ファーストチーム票100)
 フィラデルフィア・セブンティシクサーズ ジョエル・エンビード(171ポイント、ファーストチーム票82)
 サクラメント・キングス バディ・ヒールド(154ポイント、ファーストチーム票63)
 ニューヨーク・ニックス ウィリー・エルナンゴメス(128ポイント、ファーストチーム票44)

 セカンドチーム
 デンバー・ナゲッツ ジャマール・マレー(123ポイント、ファーストチーム票34)
 ボストン・セルティックス ジェイレン・ブラウン(106ポイント、ファーストチーム票24)
 フェニックス・サンズ マーキース・クリス(91ポイント、ファーストチーム票20)
 ロサンゼルス・レイカーズ ブランドン・イングラム(83ポイント、ファーストチーム票11)
 ダラス・マーベリックス ヨギ・フェレル(63ポイント、ファーストチーム票7)


 コーチ・オブ・ザ・イヤー
 マイク・ダントーニHC(ヒューストン・ロケッツ)
 2位はエリック・スポールストラHC(マイアミ・ヒート)、3位はグレッグ・ポポヴィッチHC(サンアントニオ・スパーズ)となっている。


 エグゼクティヴ・オブ・ザ・イヤー
 ボブ・マイヤーズ氏(ゴールデンスティト・ウォーリアーズ)
 マイヤーズ氏は14-15シーズンにも同賞を受賞している。


 チームメイト賞
 ダーク・ノヴィツキー(ダラス・マーベリックス)

 RealGM、NBA.com、WOWOW

ホウズ、オプション行使

 ミルウォーキー・バックスのスペンサー・ホウズが17-18シーズンのプレイヤーオプション(600万ドル)を行使し、契約を延長した。
 ホウズは2014年にロサンゼルス・クリッパーズと4年2300万ドルで契約した最終年を迎える。

 THE VERTICAL

レディック獲得にネッツ、76ersが動く

 ロサンゼルス・クリッパーズからオフにFAとなる、J.J.レディックに対して、フィラデルフィア・76ers、ブルックリン・ネッツが獲得に動いているようだ。
 レディックは2013年にクリッパーズと4年2700万ドルで契約していた。

 The Ringer

キャブスで新スリー・キングス誕生か

 クリーブランド・キャバリアーズにて、ラブロン・ジェイムス、カーメロ・アンソニー(現ニューヨーク・ニックス)、ドウェイン・ウェイド(現シカゴ・ブルズ)が一緒にプレーすることになるのでは、と複数のメディアが報じている。
 アンソニーはチームプレジデントのフィル・ジャクソン氏が放出する方針を公に口にしており、バイアウト(契約の買い取り)が行われFAとなればキャブスとの契約も可能となる。
 ウェイドはブルズがジミー・バトラーを放出したことで、チームは再建期入りし、アンソニー同様にバイアウト(契約の買い取り)でチームを離れる可能性がある。

 WOWOW、NBA.com

広告[NBAの試合DVD販売]

NBA DVD代行
NBA公式の試合DVDを販売しているところです。
欲しいゲームが手に入ります。これって、すごく熱いと思うのは管理人だけでしょうか。
15-16シーズンはもちろん、1970年代のゲームもあります!
管理人が今悩んでいるのは後者です。
NBA DVD代行

広告

最新トラックバック

プロフィール

asua

Author:asua
NBAの最新ニュースを週に6日ほど、更新させていただいております。
見ていって頂ければ、幸いです。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード